尿漏れの悩みは一刻も早く改善したい|ふとした瞬間に注意

男性医師

女性に多い症状

病院の待合室

男性に比べて起こりやすい女性の尿漏れは、症状に応じて医療機関を受診するべきかどうか、異なりますが、気になる場合には早めに泌尿器科に相談するようにしましょう。婦人科よりも、泌尿器科のほうが適切な治療を受ける事が出来ます。

More Detail

骨盤底筋の重要性

病棟

女性尿漏れが多い原因としては、長時間のデスクワークや出産、妊娠などが関係しています。ですが、尿漏れは、骨盤底筋を鍛えれば防げることであるので、エクササイズやヨガをして筋肉を鍛えることが重要であると考えられます。

More Detail

いい病院と出会うために

医師

埼玉県内で自分に合った泌尿器科を探している時には、病院がひしめき合っている浦和周辺まで足をのばすようにするといいでしょう。また、症状や聞きたいことをあらかじめ整理してから病院へ行った方が、より的確な診断を受けやすくなります。

More Detail

症状を改善するために

カウンセリング

尿失禁のタイプは色々

くしゃみをしたとき、大声で笑ったときなど自分の意思とは関係なく、ちょっとした動作で尿漏れしてしまう女性が増えています。尿漏れという言葉のニュアンスから恥ずかしくて誰にも言えず困っている人もいるでしょう。尿漏れにはいくつかのタイプがあります。咳やくしゃみ、重いものを持ったり、お腹に圧力が加わると尿が少しだけ漏れる症状を、腹圧性尿失禁といいます。これは骨盤底筋が出産や更年期、女性ホルモンの減少などによって緩んでしまう症状です。突然強い尿意が訪れ、トイレまで我慢できずに尿漏れしてしまう症状は、切迫性尿失禁といいます。脳と膀胱との連携が上手に出来なかったり、骨盤底筋が高齢のため弱くなって排尿コントロールが出来なくなっている症状です。他にも病気の後遺症からくる機能性尿失禁や、複数のタイプを発症する尿失禁など、尿漏れには様々な特徴があるのです。

恥ずかしがらずに受診を

骨盤底筋は、トレーニングによって鍛えることが出来ます。最低3カ月以上続けることで腹圧性尿失禁の場合、多くの女性は症状が改善されます。太り過ぎると腹圧が掛ってしまうので、肥満に注意することも必要です。尿漏れを気にして水分をあまり摂取しないと、尿の濃度が上がり膀胱を刺激するという悪循環が起きやすいので、水分はこまめに摂りましょう。40代50代を過ぎたころから、多くの女性に発症するのが尿漏れです。しっかりとした症状の改善を望むのであれば、泌尿器科を受診するとよいでしょう。現在、女性特有の尿漏れ治療はかなり進歩しています。病院では磁気刺激治療法や、骨盤底筋トレーニングの指導など、医学的なケアで改善を促してくれます。